発熱の花びら 糸島まひろ

印象的な瞳の奥で少女は何を想うのか?恥ずかしい部分までグイグイ攻めるレンズの魔力に侵され、ほのかに熱をもつ花びら。敏感でなめらかな素肌を剥きだし大胆に見せつけ、やがては閉じ込められていた欲望が花開く危険で甘美な時間が少女を牝の表情へと変えていく。

あわせて読みたい