禁断介護 澁谷果歩

小説家の果歩は、夫と共に義父の介護をしながら暮らしていた。義父の楽しみは果歩が自ら小説を読み聞かせてくれることだったが、次第に内容に退屈した義父は内緒で小説の続きをエロ小説に書き換えてしまう。「老人の楽しみを取らんでくれ」と哀願する義父のため、果歩は戸惑いながらも卑猥な言葉を発していくのだが…

あわせて読みたい