実録 代々木レイプ

繁華街から程近く、住宅街が広がる「代々木」。平和を感じさせるこの街の“闇”が映し出される。ターゲットは閑静な町並みをひとり歩く女。色欲そそる後ろ姿に興奮した男たちが背後から忍び寄り、非道の限りを尽くす。恐怖にまみれた女の服を引き剥がし、艶やかな体を思いのままに弄り回す。抵抗する手足を力ずくで開いて乳房を揉み、大声で泣きわめく口を肉棒で塞ぐ。拒み続ける意志に反して膣を玩具で湿らせて挿入。悲鳴が大きくなるほどピストンは激しさを増し、女を絶望の淵へと追いやるのであった。彼らの欲望が満たされることはなく、さらなるターゲットを求めて街へと繰り出す…。

あわせて読みたい