お父さんの異常な愛情 宮沢ゆかり

可愛い娘、ゆかりのことが心配でならない神経質なお父さんは、門限を設け、のぞきや盗撮を駆使してまでもゆかりを管理していた。そんなゆかりの成長を喜びつつも、それを切なく思う気持ちに嫌気がさしたお父さんは、ある許されざる嘘で、遂にゆかりの心と身体を手にしたのだ!

あわせて読みたい